【46冊】又吉直樹さんがおすすめした本

お笑いコンビ、ピースのボケ担当。小説『火花』で第153回芥川龍之介賞を受賞した。

小説

『ビニール傘』

絶望と向き合い、それでも生きようとする人に静かに寄り添う、二つの物語。

参考:TSUTAYA

Amazon   楽天
 

『R帝国』

国家を支配する”党”と、謎の組織「L」が存在するR帝国。戦争が始まり、やがて世界は思わぬ方向へと暴走していく―。

参考:TSUTAYA

【同様にこの本を紹介していた著名人】
東野幸治

Amazon   楽天
 

『しんせかい』

19歳のスミトは、船に乗って北へ向かう。行き着いた【谷】で待ち受けていたのは、俳優や脚本家を志望する若者たちと、自給自足の共同生活だった。過酷な肉体労働、同期との交流、【先生】の演劇指導、地元に残してきた“恋人未満”の存在。スミトの心は日々、揺れ動かされる。

参考:TSUTAYA

Amazon   楽天
 

『ゆらぐ玉の緒』

老齢に至って病いに捕まり、明日がわからぬその日暮らしとなった。雪折れた花に背を照らされた記憶。時鳥の声に亡き母の夜伽ぎが去来し、空襲の夜の邂逅がよみがえる。つながれてはほどかれ、ほどかれてはつながれ、往還する時間のあわいに浮かぶ生の輝き、ひびき渡る永劫。一生を照らす生涯の今を描く全8篇。

参考:TSUTAYA

Amazon   楽天
 

『1990年、何もないと思っていた私にハガキがあった』

深夜ラジオだけが世界との接点だった。それで十分だった。伝説のハガキ職人せきしろが自身の「あの頃」を描いた自伝的小説。

参考:TSUTAYA

Amazon  楽天
 

『i』

「この世界にアイは存在しません。」入学式の翌日、数学教師は言った。ひとりだけ、え、と声を出した。ワイルド曽田アイ。その言葉は、アイに衝撃を与え、彼女の胸に居座り続けることになる、ある「奇跡」が起こるまでは…。西加奈子の渾身の「叫び」に心ゆさぶられる傑作長編。

参考:TSUTAYA

【同様にこの本を紹介していた著名人】
光浦靖子

Amazon   楽天
 

『神秘大通り』

メキシコ・オアハカのゴミ捨て場育ちの作家が、雪のNYからマニラへと、古い約束を果たす旅に出た。いつしかそれが過去への旅に。娼婦にして教会の掃除婦だった母。サーカスのライオンに殺された妹。宣教師とトランスヴェスタイトの愛情深い養父母。怪しい美人母娘を道連れに、作家の感傷旅行はどこへ向かうのか。

参考:TSUTAYA

Amazon   楽天
 

『銃』

雨が降りしきる河原で大学生の西川が出会った動かなくなっていた男、その傍らに落ちていた黒い物体。圧倒的な美しさと存在感を持つ「銃」に魅せられた彼はやがて、「私はいつか拳銃を撃つ」という確信を持つようになるのだが…..。

又吉直樹

衝撃でした。より一層、僕が文学を好きになる契機になった小説

出所:Amazon

【同様にこの本を紹介していた著名人】
吉沢亮

Amazon   楽天
 

『この高鳴りを僕は青春と呼ぶ』

「俺さ、芸人なろうと思っとるんよな」「マジで言いようと?」九州の片田舎で真っ直ぐに育った少年は、人生を賭けてお笑い芸人の道を歩み始める。しかし、理想と現実の間で次第に引き裂かれていき―。

又吉直樹

ここに描かれた痛みや喜びが自分の記憶と重なった。なにかを好きだと全力で叫べることが素晴らしい。僕も坂田君のこの本が好きです。

出所:Amazon

【同様にこの本を紹介していた著名人】
東野幸治

Amazon   楽天
 

『図書室』

定職も貯金もある。一人暮らしだけど不満はない。ただ、近頃は老いを意識することが多い。そして思い出されるのは、小学生の頃に通った、あの古い公民館の小さな図書室―。

参考:好書好日

Amazon   楽天
 

『暗夜行路』

祖父と母との不義の子として生まれた宿命に苦悩する人主公時任謙作は、単身、尾道に向い、千光寺の中腹の家を借り、一人住いを始める。しかし、瀬戸内海の穏やかな風光も、彼の心に平安をもたらさない。

参考:好書好日

Amazon   楽天
 

『沈黙』

島原の乱が鎮圧されて間もないころ、キリシタン禁制の厳しい日本に潜入したポルトガル人司祭ロドリゴは、日本人信徒たちに加えられる残忍な拷問と悲惨な殉教のうめき声に接して苦悩し、ついに背教の淵に立たされる……。

参考:好書好日

Amazon   楽天
 

『深い河』

愛を求めて、人生の意味を求めてインドへと向かう人々。自らの生きてきた時間をふり仰ぎ、母なる河ガンジスのほとりにたたずむとき、大いなる水の流れは人間たちを次の世に運ぶように包みこむ。

又吉直樹

宗教に対する子どもの疑問に答えを与えてくれたと思いました。

出所:好日好書

Amazon   楽天
 

『坊っちゃん』

正義感あふれる主人公が、同僚の婚約者を汚い手を使って奪い取ろうとする教頭を徹底的に懲らしめるまでの顛末を痛快に描く。

参考:好書好日

Amazon   楽天
 

『豚の報い』

ある日、突然浦添のスナックに豚が闖入してきた。豚がもたらした厄を落とすため正吉と三人の女たちは真謝島に向かう。

参考:好書好日

Amazon   楽天
 

『変身』

平凡なセールスマンのグレゴール・ザムザは気がかりな夢からさめたある朝、一匹の巨大な褐色の毒虫と変わった自分を発見する……。

又吉直樹

グレゴール・ザムザがある朝起きたら虫になっていて、それを自覚した後に「わ、会社どうしよう」ってなって、そこから会社の愚痴みたいなのを考えているところ。そんなこというてる場合ちゃうやん。あれはむちゃくちゃ笑いやなと思います。

出所:好日好書

【同様にこの本を紹介していた著名人】
又吉直樹

Amazon   楽天
 

『罪と罰』

その年、ペテルブルグの夏は長く暑かった。大学もやめ、ぎりぎりの貧乏暮らしの青年に郷里の家族の期待と犠牲が重くのしかかる。この悲惨な境遇から脱出しようと、彼はある「計画」を決行するが…..。

又吉直樹

ドストエフスキーの『罪と罰』は語りが全部面白いですね。なんで面白いのかな、あれ。すっごく笑っちゃってますね。

出所:好日好書

Amazon   楽天
 

『若きウェルテルの悩み』

許婚者のいる美貌の女性ロッテを恋したウェルテルは、遂げられぬ恋であることを知って苦悩の果てに自殺する……。

参考:好書好日

Amazon   楽天
 

『不夜城』

アジアの大歓楽街に成長した歌舞伎町で、迎合と裏切りを繰り返す男と女。見えない派閥と差別のなかで、アンダーグラウンドでしか生きられない人間たちを綴った衝撃のクライム・ノベル。

参考:好書好日

Amazon   楽天
 

『檻』

やくざな世界から足を洗って、今は小さなスーパーを経営している滝野和也。そのスーパーの買収工作をめぐるいざこざから、滝野の野生の血が再び噴き出す。

参考:好書好日

Amazon   楽天
 

『杳子・妻隠』

現代の青春を浮彫りにする芥川賞受賞作「杳子」。都会に住まう若い夫婦の日常の周辺にひろがる深淵を巧緻な筆に描く「妻隠」。卓抜な感性と濃密な筆致で生の深い感覚に分け入り、現代文学の新地平を切り拓いた著者の代表作二編を収録。

参考:好書好日

Amazon   楽天
 

『姑獲鳥の夏』

東京・雑司ケ谷の医院に奇怪な噂が流れる。娘は二十箇月も身籠ったままで、その夫は密室から失踪したという。文士・関口や探偵・榎木津らの推理を超え噂は意外な結末へ。

参考:好書好日

Amazon   楽天
 

『真鶴』

12年前に夫の礼は失踪した、「真鶴」という言葉を日記に残して。京は、母親、一人娘の百と三人で暮らしを営む。不在の夫に思いをはせつつ新しい恋人と逢瀬を重ねている京は何かに惹かれるように、東京と真鶴の間を往還するのだった。

又吉直樹

川上弘美さんの『真鶴』は何回も読み返して、それもやっぱり語りが好きで。読んでいるだけで気持ちいいという、いちばん好きなタイプの小説です。

出所:好日好書

Amazon   楽天
 

『こちらあみ子』

あみ子は、少し風変わりな女の子。優しい父、一緒に登下校をしてくれ兄、書道教室の先生でお腹には赤ちゃんがいる母、憧れの同級生のり君。純粋なあみ子の行動が、周囲の人々を否応なしに変えていく過程を少女の無垢な視線で鮮やかに描かれる。

参考:好書好日

Amazon   楽天
 

『紙の動物園』

香港で母さんと出会った父さんは母さんをアメリカに連れ帰った。泣き虫だったぼくに母さんが包装紙で作ってくれた折り紙の虎や水牛は、みな命を吹きこまれて生き生きと動きだした。

又吉直樹

ケン・リュウさんのようなSFを僕が紹介すると不思議がられるんですけれど、僕はもともと筒井康隆さんや星新一さんも好きなので。

出所:好日好書

Amazon   楽天
 

『歩道橋の魔術師』

幼年時代の懐かしい匂い、よみがえる魔法の時間。1980年代初頭、台北。物売りが立つ歩道橋には、子供たちに不思議なマジックを披露する「魔術師」がいた―。

参考:好書好日

Amazon   楽天
 

『破戒』

被差別部落出身の青年教師・瀬川丑松は、出身を隠せと父から堅く戒められていたが、苦悩の末、ついにその戒めを破る。

参考:好書好日

Amazon   楽天
 

『三四郎』

主人公の三四郎は母のいる九州の田舎から東京に出て、大学で学問や思想の深い世界に触れる。またミステリアスな美禰子との恋愛で「迷える羊」としての自分を自覚していく青春小説。

又吉直樹

『三四郎』や『それから』は18、9歳で読んだ時は難しいなと思いました。でもそこからいろんなものを読んで、20歳くらいの頃にもう一度読み返したら、めちゃくちゃ面白かった。

出所:好日好書

【同様にこの本を紹介していた著名人】
中田敦彦

Amazon   楽天
 

『それから』

主人公の代助は三十歳を過ぎても親からの仕送りを受けて優雅に暮らしている知識人「高等遊民」である。かつて親友に譲った三千代と再会して、人妻である彼女との愛を貫く決心をする。

又吉直樹

漱石は『それから』は一番好きかもしれません。

出所:好日好書

Amazon   楽天
 

『人間失格』

自分の幸福の観念と世の中のそれが、まるでくい違っているような不安に悩む大庭葉蔵の半生を自意識過剰に描いた、太宰文学随一の傑作。

又吉直樹

大庭葉蔵の幼少期の描かれ方が、自分とすごく重なったというか。しかも、僕が人に話せない、そういうのはヘンやから人には話してはいけないと思っていた感覚が全部書かれていたんで、それに衝撃を受けました。

出所:好日好書

【同様にこの本を紹介していた著名人】
中田敦彦

Amazon   楽天
 

『夫婦善哉』

逆境に負けない蝶子の精一杯な生き方と、だらしないが憎めない柳吉とが醸しだす、ほのかに明るく、ユーモラスな雰囲気を描いている。

又吉直樹

夫婦がいろんなことをそれぞれに考えて話が進んで、最後に二人で並んでふたつずつの善哉を食べている場面は、あれは僕は自分の状態によって泣くこともできるし、笑うこともできる。わりと人間のそのまんまの姿やなって。

出所:好日好書

Amazon   楽天
 

『痴人の愛』

独り者の会社員、譲治は日本人離れした美少女ナオミに惚れ込み、立派な女に仕立ててやりたいと同居を申し出る。我侭を許され性的に奔放な娘へ変貌するナオミに失望しつつも、その魔性に溺れて人生を捧げる譲治の狂おしい愛の記録。

又吉直樹

ラストシーンはあまりにも有名ですけれど、他にも、ナオミが同世代の男友達とよう遊んでいて、主人公が思ってたよりも手に負えんということを感じ始めた時に、若者に「あいつ俺たちの間でなんて呼ばれているか知ってる?」みたいなことを言われて、ぐっとなる。

出所:好日好書

Amazon   楽天
 

『こころ』

親友Kを裏切って好きな女性と結婚した罪を負う先生の行く末には絶望と死しかない。

又吉直樹

教科書に先生と私が出てくるところだけ抜粋で載っていたので、全貌を知りたくて図書館で借りて全部読みました。

出所:好日好書

【同様にこの本を紹介していた著名人】
中田敦彦

Amazon   楽天
 

『戯作三昧』

大正期に活躍した「新思潮派」の作家、芥川竜之介の短編小説。

又吉直樹

いちばん読み返したのは『人間失格』と芥川の『戯作三昧』とかかな。ああいうのは100回くらい読んでるでしょうね。

出所:好日好書

Amazon   楽天
 

『山月記』

中国唐代の伝記「人虎伝」に基づき、詩に執心して、ついに虎に変身してしまった男のすさまじい宿命の姿を描いて、作者の自嘲と覚悟を語る作品。

参考:好書好日

【同様にこの本を紹介していた著名人】
中田敦彦

Amazon   楽天
 

『トロッコ』

「良平」が8歳の時小田原熱海間に敷かれた鉄道工事用のトロッコをめぐる物語。

参考:好書好日

Amazon   楽天
 

『金色夜叉』

一高の学生、間貫一はお宮と許婚であったが、銀行家の御曹司に見初められた彼女は親によって無理やり別れさせられてしまう。貫一は復讐のため高利貸しとなるが、お宮も幸せに暮らせずにいた。

参考:好書好日

Amazon   楽天
 

『外科室』

貴船伯爵夫人は、うわごとで秘めた思いを吐露することを恐れ、手術の麻酔を拒む。執刀医・高峰と彼女の間にある秘密とは—。

参考:好書好日

Amazon   楽天
 

『高野聖』

若狭へ帰省する途中の “私” は、一宿を共にした僧侶が若かりし頃に体験した怪異譚を聞く。

参考:好書好日

Amazon   楽天
 

エッセイ

『成功者K』

ある朝目覚めると、Kは有名人になっていた。TVに出まくり、寄ってくるファンや知人女性と性交を重ねるK。これは実話か、フィクションか。

参考:TSUTAYA

Amazon   楽天
 

『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』

航空券予約サイトで見つけた、たった1席の空席。何者かに背中を押されたかのように2016年夏、ひとりキューバへと旅立った。慣れない葉巻をくわえ、芸人としてカストロの演説に想いを馳せる。キューバはよかった。そんな旅エッセイでは終わらない。

参考:TSUTAYA

Amazon  楽天
 

マンガ

『ドラゴンボール』

山奥に住む怪力で、メチャクチャ元気な孫悟空。ある日悟空は、七つ揃うとどんな願いも叶うという、ドラゴンボールを探すブルマに出会う。彼女とともに、悟空もハラハラドキドキの旅へ出発する。

又吉直樹

『ドラゴンボール』でもピッコロのような、最初は敵だったのがちょっと仲間になってくるようなキャラクターが好きでしたね。

出所:好日好書

【同様にこの本を紹介していた著名人】
吉沢亮西野亮廣

Amazon   楽天
 

『幽☆遊☆白書』

教師も手をやく不良の浦飯幽助。ある日子供を助けて事故にあい、幽霊になってしまう。予定外の死に閻魔大王は、生き返るための試練として、人の心を映す霊界獣の卵をかえすことを命じるが…..。

参考:好書好日

Amazon   楽天
 

『キャプテン翼』

サッカーボールを友達に育った少年、大空翼は小学6年生。南葛小に転校してきた翼は、修哲小の天才GK・若林源三と出会う。翼は若林に勝負を挑むが、決着は両校の対抗戦でつける事に—。

参考:好書好日

Amazon   楽天
 

『サッカー少年ムサシ』

空手バカのムサシがひょんな事からサッカーに出会った。そしてどんどんサッカーの魅力に取り憑かれて行くムサシ、そんなムサシを「桜台キッカーズ」の仲間達は温かく迎え入れてくれた。

参考:好書好日

Amazon   楽天
 

『じゃりン子チエ』

大阪の下町でホルモン焼き屋を切り盛りするチエちゃんは小学5年生。父親のテツは無職でケンカとバクチに明け暮れ、母親のヨシ江は家出中。そんな逆境にもめげず、大人顔負けのたくましさで奮闘するチエちゃんと、個性的な登場人物たちが大騒動を巻き起こす。

又吉直樹

めちゃくちゃ好きです。

出所:好日好書

Amazon   楽天
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。