【4冊】東野圭吾さんがおすすめした本

小説家。代表作に『白夜行』『容疑者Xの献身』などがある。

『再開』

小学校卒業の直前、悲しい記憶とともに拳銃をタイムカプセルに封じ込めた幼なじみ四人組。23年後、各々の道を歩んでいた彼らはある殺人事件をきっかけに再会する。

東野圭吾

「乱歩賞の傾向と対策」のようなものから解放された

出所:『再会』の帯

【同様にこの本を紹介していた著名人】
恩田陸

Amazon   楽天
 

『アルキメデスは手を汚さない』

「アルキメデス」という不可解な言葉だけを残して、女子高生・美雪は絶命。さらに、クラスメートが教室で毒殺未遂に倒れ、行方不明者も出て、学内は騒然。大人たちも巻き込んだ、ミステリアスな事件の真相は—。

東野圭吾

この小説との出会いが、本嫌いだったバカ高校生の運命を変えた

出所:『アルキメデスは手を汚さない』の帯

Amazon   楽天
 

『襲名犯』

関東の地方都市で起きた連続猟奇殺人事件。ルイス・キャロルの詩に関連して、ネットの住人から「ブージャム」と英雄視された犯人は、6人を殺害した後、死刑が執行された。事件から14年後。突如として同じ手口の犯行が始まった。

東野圭吾

プロなら逃げ出す題材だ

出所:『襲名犯』の帯

Amazon   楽天
 

『完盗オンサイト』

徳川家光が愛でたという名盆栽「三代将軍」を、厳重警備の皇居から盗み出せ。若きフリークライマーが挑む前代未聞の犯罪計画は予測不能の展開に—。

東野圭吾

アイデアは馬鹿馬鹿しく、動機は不条理。得意な才能の出現を感じた—

出所:『完盗オンサイト』の帯

Amazon   楽天
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。