【5冊】齋藤飛鳥さんがおすすめした本

乃木坂46のメンバー。『映像研には手を出すな!』などにも出演している。

『トラペジウム』

高校1年生の東ゆうは「絶対にアイドルになる」ため、己に4箇条を課して高校生活を送るが―。現役トップアイドルが、アイドルを目指すある女の子の10年間を描いた感動の青春小説

齋藤飛鳥

この作品を通して私はかずみさんのことを考え、理解し、すべて知り尽くした気になって楽しんでいる。

出所:ダ・ヴィンチ2019年1月号

【同様にこの本を紹介していた著名人】
湊かなえ

Amazon   楽天
 

『オーデュボンの祈り』

コンビニ強盗に失敗し逃走していた伊藤は、気付くと見知らぬ島にいた。江戸以来外界から遮断されている“荻島”には、妙な人間ばかりが住んでいた。

参考:ダ・ヴィンチニュース

Amazon   楽天
 

『崩れる』

家族崩壊、ストーカー、DV、公園デビューなど、現代の社会問題を「結婚」というテーマで描き出す、狂気と企みに満ちた8つの傑作ミステリ短編集。

参考:ダ・ヴィンチニュース

Amazon   楽天
 

『乱反射』

幼い命を死に追いやった、裁けぬ殺人とは? 街路樹伐採の反対運動を起こす主婦、職務怠慢なアルバイト医、救急外来の常習者、飼犬の糞を放置する定年退職者……小市民たちのエゴイズムが交錯した果てに、悲劇は起こる。残された新聞記者の父親が辿り着いた真相は、法では裁けない「罪」の連鎖だった—。

参考:ダ・ヴィンチニュース

Amazon   楽天
 

『チルドレン』

「俺たちは奇跡を起こすんだ」独自の正義感を持ち、いつも周囲を自分のペースに引き込むが、なぜか憎めない男、陣内。彼を中心にして起こる不思議な事件の数々―。

参考:ダ・ヴィンチニュース

Amazon   楽天
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。